水内貴英 

Takahide Mizuuchi

美術家。


2001年よりプロジェクト作品やワークショップなどを主に発表している。

 

私は、作品を作るときに、多くの表現手法を用います。それは、インスタレーションであったり、ワークショップであったり、パフォーマンス、彫刻、写真であったりもします。


しかし私は、それらの個々の表現手法を洗練させることについては、それほど興味をもっていません。重要なのは、ある場所や状況の中で表現されるべきものが、的確に表現されているかどうかということなのです。


そのような理由で、私は、新しい場所や状況に直面するたびに、

新たな表現手法を模索します。新たな表現手法の模索は、私に、社会に対する新たな視点を与えてくれます。
私は、私の作品を通して、そのような、社会に対する新たな視点を多くの人たちと分かち合いたいのです。

 

 

Takahide Mizuuchi is

an artist making mainly plojective work and workshops from 2001.
1979 Born in Okayama, Japan.

 

I use many kind of expression techiniques, when making a work.


It is an Installasion,Workshops,Performance,Sculpture,Photograph and more.However, I am not so much interested about refining each expression techiniques of those.
I think it is most important whether what should be expressed in a certain place and situation is expressed exactly.
I grope for the expression new technique whenever I face a new place and situation for such a reason.


The grope of the new expression technique gives me the new viewpoint to society. 
I want to share the new viewpoint to society with many people through my work.

 

© 2023 by Sarah Lane. Proudly created with Wix.com

  • Facebook Basic Black
  • Instagram Basic Black